保育科

概要

子どもは未来の社会を担う存在です。未来を託す子どもの命を守り、健やかな育ちを支えることが保育者の使命であると考えます。また、同時に子育てをする保護者に向き合い、支え、ともに子どもを育てるという使命も担います。

下記「学びのポイント」にあげた養成カリキュラムをとおして、保育の専門家として生涯にわたり保育への関心と学習意欲を持続し、保育の発展に貢献しようという意欲・態度を獲得し、社会に送り出されることを目指します。

学びのポイント

授業での学びを現場で体験する実習を大切に

子どもが大好きだから保育者になりたい。そんな気持ちがあれば大丈夫。保育科では、子どもたちの可能性を引き出し、個性をのばす保育のプロを育成するために、専門知識と技術を身につける科目とそれを自分のものにするための実習を用意。自信と実力を身につけていきます。

幼稚園・保育所・福祉施設での実習を重視

授業で習った知識を、保育の現場で子どもたちに接したときに発揮できてこそ、本物の保育者。保育のプロ養成をめざす本学では、幼稚園・保育所・福祉施設での実習を重視しています。そして、卒業までに実習を重ねるたびに、授業だけでは学べない多くのことを学生が体験から学び、現場で即戦力となる保育者として育っていくのです。

学生自身が考え、発表する科目を多く設置

保育の現場では、保育者自身が判断し、考えなければならないシーンがたくさんあります。そこで、頌栄では人類に共通な課題について発表し協議する「総合演習」や、先生やクラス仲間とふれあう「グループアワー」など、考える力・判断する力・主体的に行動する力を育成するプログラムを豊富に設定。クラスメイトたちとのふれあいの中で、自分の個性を発見することにも役立ちます。

子どもを愛し、理解するこころを養成

保育者は、子どもを好きというだけでは充分ではありません。子どもを愛し理解するこころが不可欠です。子どもの心を深く理解するために、<専門教育科目>では「子ども理解論」をはじめ「発達心理学」「乳幼児心理学」「教育心理学」などの講義を設置。さらに、<キリスト教必修科目>として、「キリスト教人間学」などの講義で人間としての成長をサポートしています。

取得できる免許・資格

取得できる免許・資格 幼稚園教諭二種免許
保育士資格