保育科

卒業生の声

日々の学びの中で自分の「適性」を見つめる

頌栄短期大学に入学したのは、子どもが大好きで、会社員よりは、幼稚園や保育園の仕事が向いていると思ったから。専門の勉強や現場での実習を経験した今は、さらに「児童養護施設にこそ、自分の働く場所があるのでは」と考えています。養護施設の子どもたちには、両親に愛された経験が少ないからか、一般の幼稚園や保育園の子らにはみられない「影」が感じられます。
時には心を閉ざし、まわりの人たちを困らせるそんな子たちが、実習などで、なぜか保育経験の少ない私にだけ、心を開いてくれる。先生方も驚かれるそんな体験が何度もあって、養護施設で働きたいという思いを深めていきました。
似た境遇に育ったわけでもなく、どうしてそんなことがおこるのか、私自身わかりません。ただ、「教育者」であるよりは子どもたちの心と体に密着する「母親」でありたい、という自分の気持ちははっきり自覚しています。進路についてはまだまだ考えるべきことが多くありますが、単に「子どもが好き」なだけでなく「どう好きなのか」「自分は何を望んでいるのか」をみつめた経験は、保育の仕事だけでなく、将来親になる上で、貴重な財産となるでしょう。

K.T. さん 兵庫県立明石西高校出身

実習前後の先生のフォローも少人数ならではです

高校の時に、ある赤ちゃんの面倒を見たのが、子どもに関わった初めての経験です。少しずつなついて、笑ってくれるようになった時の喜びが、保育士を目指すきっかけになりました。
頌栄短期大学の授業で印象的なのは、やはり実習。実習前には指導案の書き方をきめ細かく教えてもらったり、次の実習に向けて課題や目標をアドバイスしてもらったり、先生方のていないな事前指導や事後指導も少人数ならではだと思います。また実習を通じて、理想の保育士像も見えてきました。実習先で出合ったある先生が、子ども同士がけんかした時にただ叱るのではなく「どうして叱られたか、考えてみなさい」と、子どもたちの人格を認めた上で考えることを促しているのを見て「こんな先生になりたい」と思ったんです。 卒業後は神戸にある乳児院で働きますが、親元を離れて暮らす幼い子どもたちの面倒を見るだけに責任重大。子どもにとって大事な時期でもあるので、愛情をいっぱい与えてあげられる保育士になりたいです。

Y.Y. さん 兵庫県立農業高校出身

同じ目標を持つ仲間との励まし合いが私を支えてくれました

実習で思ったのは、幼稚園が一人ひとりの個性を伸ばす教育の場だということ。それまで遊びの場だと思っていた私は、幼稚園の教諭をしていた母を改めて教育者として尊敬するようになりました。 授業で印象的なのは「環境」という科目。キャンパス内の自然林で季節を見つけたり、花を育てたり、昆虫や魚を観察したり。子どもたちに自然の大切さを知ってもらうためにどうすればいいか、その考え方と方法がよく理解できました。 頌栄短期大学のよさは、同じ目標を持つ仲間と励ましあえること。キリスト教精神をベースにした教育なので、互いに思いやりを持って接することが出来るのも、よい関係づくりに結びついています。私はハンドベル・クワイヤー部に所属していて、音楽活動を通しても、人に優しくする気持ちを養えました。4月からはいよいよ待望の幼稚園の先生になりますが、一人ひとりの尊厳性を重視するキリスト教精神はもちろん、仲間や先生の支えを心の糧に、子どもたちといっしょに成長できる先生をめざします。

M.N. さん 兵庫県立須磨東高校出身