大学概要

教育理念・目標

キリスト教精神のもと豊かなこころを持つ保育のプロを育てたい

まっさらの心に、無邪気な笑顔。子どもたちは、磨くほどに輝きをます宝石です。
しなやかな感性と限りない可能性を伸ばし、より輝かせるには、まわりの大人の深い愛情と理解が何より大切なのです。保育者に求められるのは、子どもたちの気持ちを全身で受け止める大きな心。
頌栄短期大学は、人間としての成長をめざし、キリスト教の愛の精神をベースにフレーベルの保育理念を持って、子どもたちとともに歩みながら心を育てる高い理想を有した保育者を育成しています。

創立者のご紹介

教育宣教師 A.L.ハウ教育宣教師、A.L.ハウ。神戸の地に近代的な幼児保育を願った人々の求めにこたえ、頌栄を創立しました。頌栄とはGloryと訳され、神の栄光をほめたたえるとの意味です。幼児に仕える保育の業が、神の栄光を現わすものであるようにとの祈りが込められた名前です。

教育宣教師 A.L.ハウ

宗教主事メッセージ

「主に望みをおく人は新たな力を得、鷲のように翼を張って上る。走っても弱ることなく、歩いても疲れない。」

(旧約聖書イザヤ書40章31節)

これは頌栄の創立者A.L.ハウ女史がいつも口ずさんだ聖書の言葉です。文明開化が花開い神戸の地に、ハウ女史はアメリカから招かれ、頌栄という一輪の花を咲かせました。以来126年にわたって頌栄はキリスト教主義大学として、どんな困難な時代にも、保育者養成という大切な使命を全うしてまいりました。そこには「主に望みをおく人」のしなやかで、たくましい姿がいつもあったのです。今日の頌栄でも、キリスト教教育、キリスト教活動並びに礼拝を通して、私たちがいつも醸し出してきたよい香りを皆さんにも感じていただき、「こころ」を共に育てていきます。そのような学びと体験が、これからの人生を支える豊かな、充実した礎になることを願っています。

宗教主事 森田喜基

チャペルアワー礼拝奨励集「頌栄のこころ-第27集-」PDFダウンロード