診療のご案内

教学上の3つの方針

保育科

ディプロマポリシー (学位授与の方針)

所定の単位を修得し、以下の力を身につけた者に「短期大学士(保育学)」の学位を授与します。

  1. キリスト教精神を理解し、豊かな人間性と社会性を支える広い教養を身につけている。(知識・理解)
  2. 子どもの全人的理解を深め、保育に必要な専門的知識と技術、またその基盤となる倫理観を身につけている。(知識・理解)
  3. 子どもの最善の利益について、自ら課題を見つけ、考え、判断することができる。(思考・判断)
  4. 知識・技術を実践力へと高めるとともに、実践を常に省察し、学び続ける意思と課題解決に向けた行動力を有している。(関心・意欲)
  5. 保育者としての使命と責任を自覚し、地域や社会における自らの役割を理解して行動できる。(態度)
  6.  
  7. 他者の立場を理解し、自らの考えをことばや文章表現によって的確に伝えるコミュニケーション能力を身につけた上で、個に応じた保育と支援ができる。(技能・表現)

アドミッションポリシー (入学者受け入れの方針)

本学の教育目標を達成し、高度な専門性を有する人間性豊かな保育者を養成するために、次のような学生を求めます。

  1. 読み・書き・表現の基本的な力、および修業に必要な実技能力を有している。(知識・理解)
  2. 物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考・判断)
  3. 自らの考えを的確に表現し伝えることができる。(技能・表現)
  4. 子どもに対する興味・関心が高く、積極的に学び、“保育のプロ”として社会に貢献する意欲がある。(関心・意欲)
  5. 協調性に富み、他者と関わることに積極的であり、対話を通して相互理解に努めようとする態度を有している。(態度)

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学の教育目標を達成するため、下記のような教育課程を編成します。

  1. 豊かな人間性を育むために、また本学の学びの基底としてキリスト教関連科目を設置する。
  2. 社会人としての教養を身につけるために、基礎教養科目を設置する。
  3. 保育者としての知識や技能を学ぶために、専門科目を設置する。
  4. 保育の実践力を高めるために、実習科目を設置する。

専攻科

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

専攻科では所定の単位を取得し、以下の力をつけた者に、大学評価・学位授与機構の認定を受けて「学士(教育学)」の学位を授与します。

  1. キリスト教精神を理解し、豊かな人間性と社会性を支える広い教養を身につけている。(知識・理解)
  2. 子どもの理解に基づく保育・教育について、深い理論的裏付けと、倫理観に基づいて実践する能力を有している。(知識・理解)
  3. 適切な研究方法を習得し、論文として展開する能力を有している。(思考・判断)
  4. 現場での実践経験から常に学びとる姿勢をもち、責任と意欲をもって活動することができる。(関心・意欲)
  5. 保育者としての使命と責任を自覚し、地域や社会における自らの役割を理解して行動できる。(態度)
  6. 保育者の専門性を生かして、実践の場において対話的な相互理解の中で協働することができる。(技能・表現)

アドミッションポリシー (入学者受け入れの方針)

本学の教育目標を達成し、高度な専門性を有する人間性豊かな保育者を養成するために、次のような学生を求めます。

  1. 入学後の修学に必要な基礎力としての知識や学力を有している。(知識・理解)
  2. 自ら課題を設定し、物事を多面的かつ論理的に考察することができる。(思考・判断)
  3. 自らの考えを的確に表現し伝えることができる。(技能・表現)
  4. 子どもに対する興味・関心が高く、積極的に学び、“保育のプロ”として社会に貢献する意欲がある。(関心・意欲)
  5. 協調性に富み、他者と関わることに積極的であり、対話を通して相互理解に努めようとする態度を有している。(態度)

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

本学の教育目標を達成するため、下記のような教育課程を編成します。

  1. 豊かな人間性を育むために、また本学の学びの基底としてキリスト教関連科目を設置する。
  2. 保育者としての実践的指導・援助方法を身につけるための知識や技能を学ぶ専門科目を設置する。
  3. 保育実践のなかで得た知見をもとに、保育の知識と技能についてより専門性を高め、広い視野から課題に対処できる実践科目を設置する。
  4. 保育・教育や関連分野の問題について自ら問題を設定して研究をすすめる演習科目を設置する。