個人情報保護方針

個人情報の保護に関する法律について

本学院は、情報社会の進展に伴う個人情報保護の重要性を認識し、業務上使用する本学院に関わる 個人の情報については、適正に取り扱うための以下の方針に基づいて個人情報の保護に努める。

1. 目的の明確化

利用目的を特定する。利用目的を超えて個人情報を取り扱わない。

2. 個人情報の内容

個人情報とは、本学院内部において電子または書面等により処理されている個人情報であり、生年月日・住所・電話番号・電子メールアドレス・印鑑の印、性別、学籍番号、学校の成績、人物評価・科目履修表、等の特定の個人を識別できる情報のことである。

3. 個人情報上の個人

個人情報上の個人とは、学生生徒、園児、科目履修生、聴講生、公開講座への参加者、学校説明会への参加者、入学ガイダンスへの参加者、入試や公開講座などへの申込者、過去において本学で教育を受けた者(卒業生、転出生、中退者、科目履修生等)、過去において本学で教育を受けようとした者(不合格者、入学辞退者等)、また頌栄短期大学図書館の一般利用者である。

4. 個人情報の取得と利用

業務遂行上必要な場合において個人情報を正確に取得したときは、利用目的の範囲において適切に利用する。本人に速やかに利用目的を通知する。

5. 個人情報の管理

個人情報は、情報の漏えいや滅失を防ぐために正確性を保ち安全に管理する。必要かつ適切な安全管理措置を講じるため、教職員に対し必要かつ適切な監督を行う。

6. 個人情報の第三者提供

法令に定める場合のほか、他の事業者など第三者に個人データを提供しない。

7. 個人情報の開示・訂正

個人情報についての開示・訂正等についての権利は本人にあることを確認する。また個人情報の内容に誤りある時は、訂正等を行わなければならない。

8. 個人情報の保護

個人情報を安全かつ適切に保護管理する為、また本人等からの問い合わせ等を担当する個人情報保護管理委員会を設ける。委員会は宗教部に置き委員長は宗教主事とする。

この覚書は2005年(平成17年)10月1日から施行する。