公開講座

頌栄の森~教員のひとり言~

頌栄短期大学の専任教員がひとり言をつぶやくコーナーです。お気軽にご覧ください。

2016年7月は、小寺 玲音先生のひとり言です。

「笑顔で楽しく!」

もうすぐ8月。
一気に夏らしくなり、自然に囲まれた頌栄ではセミの鳴き声が良く聞こえます。

そして、元気なのはセミだけではありません。
暑い日が続いていますが、学生は元気いっぱい!ハードな授業の合間にバスケットやフットサルをしているようで、お昼休み後の授業を汗だくスタートすることも!!

そんな元気な学生も楽しく実践している手遊びなのですが、「みつやサイダー」という「手遊び」を知っていますか?
「みつやサイダー」という「手遊び」は、最後に炭酸が「シュッワー」と勢いよく飛び出す様子をジャンプで表現するんです。20歳前後の学生たちですが、気持ちよさそうに笑顔でジャンプする姿は、幼い子ども達の笑顔に負けない魅力がいっぱいです。
でも、動きのある写真を撮るのって難しいんですね。写真を撮っている時に学生から「先生、押すタイミングが...」と言われてしまいました(笑)

私の授業では毎回新しい「手遊び」や「わらべうた」を授業の最初に紹介しているんです。授業の最初に手遊びをしている理由は、私自身が大学を出て幼稚園で働いていた時に、「あぁ、学生時代にもっと手遊びとか調べておいたら良かったなぁ」と思ったからなんです。
授業で紹介する「手遊び」は幼稚園に勤めていた頃、子どもと一緒にしていて楽しかったものや、養成校の教員になってから知り、子ども達としたかったなぁと思ったものを選んでいます。

最後に授業の中で劇をしている学生です。
「子ども達が楽しく自分の身体や健康について関心が持てるような遊びを企画しましょう」という課題を出したら、劇を企画してくれました。見ている学生は大笑い。これで、子ども達も楽しく歯磨きできるかな(^^)