公開講座

頌栄の森~教員のひとり言~

頌栄短期大学の専任教員がひとり言をつぶやくコーナーです。お気軽にご覧ください。

2016年10月は、山中 早苗先生のひとり言です。

春を楽しみに

 少しずつ気温が下がり、朝夕は肌寒さを感じるようになりました。頌栄でも木々が色づき始め、秋の訪れを感じます。キャンパスには柿やざくろが実り、どんぐりもたくさん落ちていますよ。

 10月に入り涼しくなってきた頃、1年生の「保育内容 環境」の授業で、春に咲く花の球根と苗の植えつけを行いました。環境の授業では、教室の外に出て、自然に触れる経験を大切にしています。保育所や幼稚園の子どもたちは、草花を使ってままごとをしたり、砂や土を使っておだんごを作ったり、育てている野菜に水をあげたり・・・毎日、遊びのなかで自然に親しむ経験をたくさん積んでいます。将来保育者となる学生のみんなにも、自然に触れ、自分の身体や感覚を使った経験を楽しんでほしいなと思っています。

 授業はグループに分かれ、どんな花を植えたいかを話し合い、計画を作るところからスタートしました。秋に園芸店などで手に入る球根や花の苗のリストをもとに、「これってどんな花?」と本で調べたり、図鑑を見ながら「これも植えたいな~」と希望を出し合ったり・・・。どのグループも、春に咲く姿を想像しながら、何色のどんな花を植えるか、真剣に考えていました。見本として用意した球根とプランターを使って、植えつけのシミュレーションをするグループもありましたよ。

 計画が完成したら、植えつけの作業です。前期の授業のなかでミニトマトの栽培を経験したからか、どのグループもスムーズに進めることができました。まず収穫が終わったミニトマトの株を抜き、土の中に植物の根を食べてしまう虫(カブトムシの幼虫のような姿!)がいないかを確認。恐る恐る虫を探し、見つけると「キャー」と悲鳴をあげる学生や、平気で虫をつまんで土の外に出す学生など、これだけでも互いの個性が見える楽しい作業です。

 きれいになった土をプランターに戻したらいよいよ植えつけを開始。計画シートに書かれた球根や苗の配置を確認しながら、慎重に植えていました。球根の種類に応じ、どのくらいの深さにどの向きで植えればよいかも、すべて自分たちで調べて進めることができました。ここにもみんなの成長を感じました。

 最後に、グループごとにプランターにつける目印のプレートも手作りして設置。これからお世話する気持ちが高まったかな?

 プランターは頌栄の玄関そばに並んでいます。来年の春、みんなが植えた花がきれいに咲くといいね。